リフォーム投資回収シミュレーション

カスタマイズリフォームと他の手段の投資回収比較

手段はさまざまですが比較で検討できればと。

1.各手段の工事費と空室期間、成約家賃を以下の通り設定しました

A.原状回復のみ

 退去後にとりあえずの原状回復工事を15万円ほどかけて実施したが、その後12か月間

 空室が続き、最終的には賃料5千円下げの5万円で入居が決まった。

 

B.原状回復+部分リフォーム

 原状回復工事とキッチンの入れ替えを合計40万円ほどで実施したが、平凡で決め手のかけた

 ため、6か月ほど空室が続いた後、賃料はなんとか維持の5.5万円で入居決定。

 

C.スタマイズリフォーム

 当社のカスタマイズリフォームを実施。㎡2.5万円×20㎡=50万円で平均実績である1か月以内

 に入居決定。成約賃料は5千円アップの6万円

 

D.フルリフォーム

 内装やキッチンだけでなく3点ユニットバスの入替・分離工事含め、㎡10万円×20㎡=約200万円

 (フルリフォームの相場)かけて実施。即入居決定し、賃料も1万円アップの6万5千円。

 

2.上記A~Dの投資回収率を表にまとめました

【結論】カスタマイズリフォームは投資利回り・投資回収期間ともに他の手段よりも優れています。

(A~Dの投資回収率集計表)
回収